無職の夫がいつまでも求職せず遊んでばっかりだったのでリ婚準備中!するとトメが『嫁子を首にしてくれ!!』と私の職場まで押しかけてきた・・・

エネ夫に憑かれている妻です。
現在リ婚の準備中で、当然連日のように届くロミオメール。
ええ、もちろん花束も届きましたわさ。
で、今日のことですが。
仕事場にトメが押しかけたそうな「嫁子を首にしてくれ」と。
もうねー、いい加減にしてくれよね。
しまいにゃキレるよ、ええ。
結婚後、旦那の田舎へと引っ込むことにしました(これは二人の同意)
だけど話を決めた時点では「仕事を探してから引っ越す」はずが
旦那ときたらいつまでたっても仕事を探そうとしない。
当然のこと仕事は決まらない。
おかげで引越しは何度も延期のありさま。
痺れを切らしたトメが電話攻勢を強め。
トメの電話に飽き飽きした旦那は
とうとう仕事も決まらないのに引越しを強行。
この時真剣に話し合っておくべきだった・・・
当面はトメの家に居候(旦那の持ちマンションは賃貸し中だったので)
トメの副業である民宿経営を手伝いつつ仕事を探すことになった。
が、旦那は仕事探しもせず、民宿経営を手伝いもせず
呑気に趣味にのめり込むのみ。
そのくせ、立派に自営業経営者気取りだよ。
確かに時には趣味で小銭を稼いでいたけれど
そんなもの経費を考えれば黒字にもなっていないじゃないか!!
ここからは悩んだり憔悴したりもあって長いからはしょるけど
結局友人の助言と実質的な助けがあって、とりあえずリ婚の準備を始めた。
まず仕事探し、次に別居のための住居探し。
そのあと、ついに別居生活に突入。
というのも、旦那、仕事探しの口実で元いた場所に単身赴任だよ。
(おまけに以前のマンション、部屋はちがうけど)
もうアフォか馬鹿かと。
そしてそういう男に未練がましかった自分はアボガドバナナかと。
別居後はお定まりの花束とロミオメールだわ。
そしてトメからは愚痴電話の嵐さ。
「あなたがいなくなって寂しいわ」
「あなたの作ってくれた食事はおいしかったわ」
「ここのところはインスタントばっかりなの」
「いつになったら帰ってきてくれるの」
知るかいな、ってんで無視してたら、今日の午後仕事先の店長から
「お義母さんが朝く来たよ」
「嫁子が帰ってきてくれなくて困っている。
 ここでの収入があるから家に帰ってこないんだ」
「だから嫁子の給料を私の口座に振り込んでくれ、
 それが駄目なら嫁子を 辞 め さ せ て く れだって」
「もちろん断ったけどねー」だって・・・ort
こっちゃ、店長に平謝りだよ。
おまけに店長によれば、仕事場突撃なんと今回だけじゃないそうで。
お詫びもかねて今日は残業してきたけどさ、もうどっと疲れた・・・・
ひとつ確実に言えるのは、エネ夫持ちの皆さん要らぬ我慢はダメダメよ。
ついでに、自己犠牲に酔っていても何もならないよ。
エネは変わらないよ、ホントに変わらない。
手ごろな奴隷ちゃんを持ってる人間が、
(サンドバッグちゃん、ATMちゃんその他なんでも)
誰が自分からその特権を手放すもんかいな。
そもそもエネはこっちをなめきってるからね。
自分が変わる必要なんて、砂漠に降る露ほども感じていないのさ。
旦那の今日のロミオメール
「昨日、池の水に映るネオンの光を見ながら君を思い出していました」
「昔二人で○○の川の流れに反射する街の明かりをよく眺めたね」
「あの頃もお金はなかったけど、ふたりしあわせだったじゃないか」
ああ、そうなのかい。
自分が故郷で働く気がないことは棚上げかい。
金のあるなしの問題じゃないんだよ(少しは問題だけど)
働く気概があるかないか、それなんだよ!お金じゃないんだよ
自分で自分の生活を作り上げる気があるかどうか、そこなんだよ!!
アフォ夫から連絡がありました。趣旨は
「こちらでいい仕事がみつかった」
「これでもう金銭的な心配はない。君も働く必要はない」
「君も安心して家へ帰って、母 さ ん の 面 倒 を 見 て く れ」
もうね、あぁたね、結婚を何だと思ってるんだと。
仕事が決まった、そりゃめでたい。それに確かにいい仕事だね。
でもそれなら、私もそっちに戻るもんじゃないのか?
私はあんたのおかーさんのコンパニオンなのか?
だったらきちんと給料もらうぞ!!!
いや確かにもうやり直す気はないけど
そしてアフォ夫が結婚した理由(トメの世話役確保)もわかっちゃいたけど
こうあからさまに見せ付けられるとやっぱりこたえる。
そしてこういう男にコロッといった自分の馬鹿さ加減にどーっと落ち込む。
トメの常識。
民宿経営のトメ、私たち夫婦が帰郷した時には
トメと手伝いのパートさんとで切り回していた。
私も働けるからというので、パートさんが辞めた時に補充をしなかった。
その後、結局トメはすべてを私に押し付けて自分は座ってるのみ
(時に客の相手くらいはする)
この時民宿の規模は大きくなっていた。
なのに人手は減って私はもうフラフラ。
トメに脅迫的に宣言して給与制にしたら
(時間給計算、時間以外は頑として動かなかった)
トメなんと給料から「賄い代」を引こうとしたよ。
「住み込みで働く契約をしたわけではないから部屋代と食費は別ね〜」だそうだ。
2週間後に家出しましたさ。
>>まだ緑の神は出してないの?まだ現役夫?
まだ夫現役です。
ただ、どうやら早くも現実逃避を始めたらしい。
元居住地の友人が気にして連絡入れてくれたんですが
夫ときたら、女の子口説きまくっているらしい
で、撃沈続きというのがもうね・・・
いい加減自分の身の丈を知れよと、自分をわきまえろと・・・
夫が急に単身赴任先から戻ってきました。
私を説得して、家に戻らせるために。
きっとトメからの希望なんだろうと思います。
というのも、私が家出してからトメは民宿を営業していません。
実際の労働をする人間がいなくなったんだから
営業していけるわけがないのね。
ちなみにトメはもう年金をもらっていて、生活だけなら年金でも十分OK。
でもトメ「座って家にお客を迎え入れればお金が入る」生活が忘れられないみたい。
夏の観光シーズンを目の前にして、私を戻らせようと必タヒ。電話がひっきりなし。
もちろん無視してたんだけど、そしたら急に夫があらわれました。
夫の話は
「どーして母さんの所に帰らないの。
 どうせ仕事をするなら母さんの所でも同じじゃないか」
→全然違うわ。ここならちゃんと給料もらえるわ。
「母さんと一緒に住めば部屋代もかからないじゃないか。何でそんな無駄をするの」
→すんませんね、部屋代取られましたよ(一週間分だけだけど)
ってなわけで、想定の範囲内だったけど・・・・何とまあ。
夫、可愛らしい生徒さん連れて来ましたわ(夫は専門学校の教師)
あくまで彼女は民宿のお客さんで、この地方に興味があったんだそうで。
はあ、さいですか。
「もしも君が帰ってこないなら、他の子にしちゃおうかな〜(ニヤニヤ)」
勝手にやってろ!
実は今私が住んでいる所は日本ではないんですよ。
この国では破綻主義を取っているため、2年間の別居があればリ婚できます。
逆に言えば、2年はリ婚できないんだけど(DV等の例外はあり)
ついでに、たとえ生徒さんと夫との間に何かあったにしても
もう別居後ゆえ夫の側の失点にはなりません。
生徒さんとは・・・夫に対して明らかに
「あこがれ」みたいな気持ちはあるでしょうね。
年取ってても(もう40代半ばを過ぎてる)一応外国人講師だし。
ただ具体的な関係となると、どーだろう。
実はこのアフォ馬鹿夫、生徒さんと一緒においでになりましてね
(一応勤務時間終了後)
何かあったら一緒に来るかなあ、生徒さん。
それと、何かあったら連れてくるかなあ、アフォ夫。
それに生徒さん、実にあっけらかんと観光客してましたし。
まだ言葉もあまり達者じゃなさそうだったし。
何より友人・知人の情報によれば
恋愛に逃避したがっていたらしいけど撃沈していたというし。
ちなみに夫に対しては「ふ〜ん、好きにすれば」と答えておきました。
生徒さんに対しては、幻想が壊れた時の彼女のショックのことを思うと
深い関係にはなっていてほしくありませんです、はい。
夫が生徒さん(ホントに可愛らしい)を連れてきたのは、察するところ
私に「焼餅を焼かせて家に帰らせる」ためじゃないかと。
もうねもうね、アフォか馬鹿かアフォか馬鹿かと。
どこの誰が焼くかいな!!ホント、むしろあきれてますます醒めますよね。
それから婚姻届ですが、残念なことにこっちが最初なんっすよ。
だから日本式にリ婚はできない。
まぁ、日本なら宙ぶらりんの期間でもある別居を
着実にリ婚に結びつけられる分、よしと思うことにしていました。
はいの今日の今日まで。
今は「別居なんかいらん、すぐにでもリ婚したいわ!!」の気分っすよorz
ここまできて、誰が迷うもんかーーー!!
ダッシュで仕事行ってきます。
 
先日書き込みした内容に間違いがありましたので、まず訂正させてください。
私の住んでいる国では別居期間が2年ないとリ婚できない
その代わり、2 年 た っ た ら リ婚できる、と書きましたが・・・
夫婦の片方がリ婚に同意していない場合は「5年」かかるそうです。やれやれ。
まあ、5年たったら「バッハッハ〜イ(古いな)」できるからいいか。
それから私の居る国は、天気が悪いことと
メシが世界一まずいことで有名な北の国です。
今までは、とりあえず別居したことで気持ちが冷静になれたのと
一応縁と愛情あって結婚した夫のことをすっぱりとは切り捨てられず
耳学問で仕入れた知識以上のことは知りませんでした。
夫とは、筋道だった話ができません。
「あなたは望まないかもしれないけれど、
 こういう考え方もある(これはこれで正論)」とか
「そのやり方もあるけど、こういうやり方もある」(こっちの方が効果的)
みたいな話をしても「自分はやりたくない」
「自分がやりたいのはこっち」
の一点張りで、それ以上進まない。おまけに逆切れ。
今思っているのは、夫の大問題は
「自分が何を優先すべきなのか」がわかっていない。
結婚生活を続けていくためには、
何を大事にすべきなのかわかっていないということです。
本来結婚するべきじゃなかったんです。
じゃあ何で結婚したのかというと、ずばりトメのため。
トメが夫の結婚を望んだから(結婚した)。
トメが素直な日本人の女の子がお嫁さんにいいわ〜と言ったから(私と結婚した)
トメがアボガドバナナ嫁には家に居てほしいわ〜と言ったから(だから単身赴任)
夫はいつも「トメの息子」です。
これは、多かれ少なかれ歴代のエネ夫に共通しているんじゃないかと思います。
夫でもない、父親でもない、永遠の息子。
こちらに移住した時からトメとは完全同居。もっとも家は広めですが。
一見マイルドでありながら実は強烈なトメに悩まされて
「同居のこと」スレにたどり着いた。
それが2ちゃんを始めるきっかけでした。
エネスレができてからは、
「エネってどこにでも居るんだな」と思いながら呼んでいました。
民宿、というかB&Bです。
再開したさにトメが仕事場にやって来るまで、
自分が書き込むことになるとは思っていませんでした。
そろそろ具体的に動き始めたほうがいいかも知れません。
英語学校の生徒さんは機上の人となりました。
で、彼女が「帰国前にちょっと会いたい」とのことで出向きましたら
なんと生徒さんに説教されてしまいましたよ。
彼女いわく、ともかく今度のこと
(夫婦仲がこじれていること)は「私が悪い」そうです。
生徒さんの言葉をまとめると、
「ママ(トメのこと)が困っているのが
 わかっているのにそれでも家出先から帰ってこない」
「そもそもママの手伝いをするのが嫌さに家出するなんてママが可愛そうだ」
「ジョン(夫、仮名です)のお嫁さんなのに
 そのお母さんの手伝いを嫌がるなんて…」
「そんな日本人妻で恥ずかしくないのか」
というわけで。
とりあえず生徒さんには、私がやっていたのは単なる手伝いではなく
B&Bの運営上の肉体労働系の実務全般であったこと。
その頃はB&Bだけではなく、離れを利用してのセルフケータリング
(自炊)形式の長期滞在客も扱っていたこと。
私はその労働に対して一銭ももらえなかったことなどを伝えておきました。
生徒さんはまだ、せんじつめれば
「妻なんだから夫の家族を手伝って当たり前だ」
ということを繰り返していましたが、
私は聞くだけ聞いて席を立たせていただきました。
夫が今回のことを知っているかどうかは、今のところ不明です。
非常識なたわごとであるだけに、実際に面と向かって言われると
その非常識さにショックを受けますよー。
それに関係ないことに口を出されても
こっちの事情を全部話すわけにも行かないし、
聞き流すにしたってムカムカともやもやが残りますね。
今までこういう無遠慮に自分の領域に
土足で踏み込まれるような経験がなかったから
ちょっとびっくりしてるんでしょうね。
とりあえず、生徒さんの言葉は気にせず先に備えることにします。
それから「ママ」に関しては(性格にはマムですが)
トメは夫の生徒さんが泊まりに来た時には、
「自分の事をママと呼んでね」と言っています。
ホームステイのホストファミリーのノリなんでしょうね。
実際に生徒さんの中には、数週間単位で滞在してくれる人がいますし。
それに実を言えば、私もママとよんでました。結婚前。
生徒さんとジョンのことですが、こちらに来た時はともかく
今は何かあやしいよなーと思っています。
それに対して、怒りが沸かないのがなんともはや。
生徒さんには失礼なんですが、憐憫の情というか何というか。
「もしもーし、敵はまだ正体をみせてないんっすよー」
「油断は禁物っすよー」と言っておけばよかったかな。
でも、今は彼女に何を言っても聞こえないんだろうな。