毎週末、夕飯に押しかけてくるウトメにうんざりしたので『このお漬物少々しょっぱいんですが、いかが?』ウトメ『こんな飯ばかりでは早タヒにする!』私『じゃあドンドン召し上がって早くタヒんで下さいねw』

週末近くなると夕飯近くに押しかけてくるウトメ。
「年取って少ししか食べないから大丈夫」という理論で夕飯を食べていく。
お決まりの「味が濃い」「年寄りにはキツイ料理だ」の文句タラタラ。
今日は「こんな飯ばかりでは早タヒにする」とのお言葉を頂戴した。
なので「あら、じゃあドンドン召し上がって早くタヒんで下さいね(ハァト」と
ニッコリ笑いながら冗談ぽく言ってみた。
急に無口になって、そそくさと帰ろうとするウトメ。
帰り際「このお漬物少々しょっぱいんですが、いかが?」と渡そうとしたが断られたw
最期の一行に関して補足。
ウトメは血圧が高くて、お医者から塩分を制限するよう言われているのです。
ウトメが何故週末あたりに来るのかは私もハッキリわかりません。
週末は外食気分なのかも知れません?
あと私は平日勤務な為、土曜に日持ちのするオカズや下ごしらえをまとめてやります。
もしかしたらそれを知っていて「何かしらあるだろう」と思っているのかも?
アポは来る直前、鳩旦那に「これから○○のお土産もって行くから嫁子さんに伝えて」等
あたかもすぐに帰るような雰囲気で取ります。
鳩旦那は私に「これから親が行くからよろしくー」
「土産渡してすぐ帰るみたいだよ」と鳩って終わりです。
(旦那は土曜も仕事で、帰ってくるのは夜遅く。帰って今まで〆てました)
で、夕方遅くにやってきて、なんだかんだ夕飯を出すまで居座ります。
それまでほぼ毎週来ていたのに先週は来なかったので
「よっしゃ!」と思っていたのですが・・・。
今日の夕方「いい加減に反省しただろうから今晩そっち行くってさ〜」と鳩旦那から伝言がorz
それをそのまま鳩る旦那にも(  Д ) ゚ ゚ だが
とりあえず先に来るウトメから片付ける事に。
(旦那は帰りが遅いので)
てか、反省って?イミワカンネ・・・。
今までいい嫁であろうと努力を重ねてきたけど、
1回切れたらなんかもうどうでもよくなっちゃったw
塩を全く入れない料理を作った末姫様の昔話をお手本に、全く調味料を入れない料理を作成。
食べ物を無駄にしているようで気がひけるけど、多分今回限りなんで許して下さい・・・。
水のみで炊いた煮物(ゆで物?がんもとコンニャクがいい感じにマズーw)。
切れない包丁で無理やりひらいた後、水で必要以上に念入りに洗ったサンマのレア焼き。
出汁も塩も入れない、ジャガイモとにんじんのお吸い物(ゆで汁?)。
出汁を取り終わったコンブを刻み、もどしたヒジキとまぜただけの和え物。
塩を使わない、キャベツの浅漬け(全然しんなりしないので、ただのザク切り状態w)
「いつもお父様達に配慮がない食事内容で申し訳ありませんでした」
「これからは 必 ず こういったあっさりしたお食事を用意いたしますね」
と、しおらしい態度でウトメに提供。
食べだしてウヘァ(´Д`;)になったウトメ
途中からトメが「ちょ!嫁子さん!息子タンにもこんな料理を!?」と怒りだした。
(ウトは「なんだこれは。食べ物じゃない」等言ってましたがスルー)
待ってましたと、冷蔵庫から普段は絶対買わない高級和牛肉を取り出し、
「大丈夫です!今日は週末だし、
 帰ったら一緒にスキヤキする予定なんでぇ〜す☆ミャハ」と見せびらかせてみた。
もちろん牛肉が二人の大好物であることは調査済み。
すると「親より贅沢をするなんて不届きな!」
「私達を馬鹿にしてるのか!」と、烈火のごとく怒り始めた。
2人にしばらく言わせた後
「そんな・・・私はお父様達を思って・・・なのに、なのにひどいぃいい」と嘘泣きし、
「私には、お父様達のお食事を作るのは無理なんですぅううううぇっうぇっ一生懸命やったのにぃいいい」
「もう無理ぃいい二度と無理ぃいい二度と来ないで下さいぃいいいいうぇーん」と言いながら追い返した。
帰った旦那にマヤるのか、がっつり〆るのか・・・今旦那待ちながら考え中です。
大量に残ってるウトメのオカズは、焼きなおして明日実家のペット達にでもあげようかな。
食べ物を無駄にしないレシピを考えていただいて㌧クスです。
しかし、ウトメが箸つけたものは食べる気がしないので、明日実家のワンコにあげてきます。
煮物とキャベツは箸ついてないので、再度味付けして仕込みなおしてみました。
煮物はちょっと濃い目に煮焦がす感じにしたら、なんとか味がつきました。
鳩旦那を〆るかマヤるか悩んだのですが、前回〆たので、今回はマヤりました。
「偽両親を思って一生懸命塩分控えめの食事を作ったのにマズイって言われた〜。・゚・(ノД`)・゚・。」
「今まで精一杯頑張ってきたけど、どんなに頑張ってもお気に召さないみたい」
「私じゃ偽両親の食事を作るのは力不足で、不快にさせてしまうだけみたい」
「能力の無い嫁子でごめんなさい」
・・・要約するとこんな感じです。
基本単純な人なのと、普段泣く事がない私がしおらしく泣いたので、
「そうか。今まで頑張ったのに、かわいそうだったね。悪いことした」
「もう作らなくていいよ。夕飯時に来ないよう言っとく」とのこと。
なので、鳩の好物でもあるスキヤキは一緒に食べました。
鳩は「嫁ちゃんの料理はこんなに上手いのに何が気にいらないのかなぁ〜」とかw
アホ・・・もとい素直なところがいい所でもあるんだけど
鳩なトコでもあるんだよなぁ・・・どっちがいいのだろうorz
昨日の夕刻鳩から電話があり、嫌な予感しつつとったんです。
鳩「両親が今日行くって言ってるんだけど」
私「・・・なんで?もう夕飯時に来ないように言ってくれたんでしょ?」
鳩「うーん、それ言ったら、慣れさせる為にも我慢して行かないとって話になって」
私「慣れさせる?何に?お義父さん達の食事作りに?何のため?」
 「ていうか、我慢してって何?意味がわからないんだけど!」
鳩「でも、もう出かけちゃったと思う・・・」
私「・・・・・ああ、そう。今さらだけど、私も出かけるトコだったんだよね」
鳩「えー?そんなー困るよぉ」
勝手に困ってろ!と思い、ガチャ切して家出ました。
そのまま帰ってない&携帯の電源切っているので、その後どうなったかは知りません。
慣れさせる?我慢して行く?
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
ウトメ睡眠薬で眠らせて、塩分鼻から流し込んでやりたい。
ハトには豆を体の穴じゅうにつっこんでやりたい。
・・・想像だけで実行できてないので、ヌカですね、スマソorz
先ほど帰って来て、今まで鳩旦那に〆られていました・・・orz
こっちもかなり〆たんですが、私の気分は敗北感でいっぱいです。
モウイヤダ(つД`)・゜・
ちなみに昨日は健康ランドで1泊しました。
K察沙汰にされるのは嫌だったので
さりげなく(?)旦那と共通の友達に「今プチ家出中〜」と
メールしておいたので、そこから旦那に連絡が行ったようです。
帰るとリビングに泣き怒り状態の鳩。
鳩「どこいってたんだ!○○(私がメールした友人)から
  連絡来たからいいようなものの心配でK察行くトコだったぞ!!!」
泣きながら「心配していた」と言われ、一瞬ちょっとホロりと来た馬鹿な私を笑って下されorz
私「ごめんね。気持ちの整理がつかなくて夫にひどい事言っちゃいそうだったから頭冷やしてた」
・・・と、ここで終わればまぁ良かったのですが。
〆合いは長かったので、ハイライト(?)のみ抜粋します。
鳩「昨日だってイキナリ出かけるから、父さん達30分待った挙句帰ったんだぞ!」
私「(キタノカヨ・・・)来ていいって言ってないのに、どうして来るの?」
鳩「土曜はいつも家にいるじゃないか!」
私「あの時出かけるって言ったよね?」
 「それに、いるからといって必ず来てもいいとは限らないんだけど」
 「だったら日曜に来てもらって、夫がご飯作ってあげなよ」(ちなみに夫の料理は激マズ)
 「あと『慣れさせる』とか『我慢する』って意味がわからないから説明して」
鳩「家族の味は覚えておいた方がいいって母さんが・・・
 先週は酷かったから、練習させなさいって」
(ここで急に明るい口調で)
「大丈夫!嫁子は基本的に料理上手だから、頑張れば出来るよ!」
ガンバレバデキルッテ・・・コンポンテキニカミアッテナイデスガ( ゚Д゚ )
私「頑張れば出来る・・・かぁ・・・そうだねそうかも知れないねぇ〜(´ー`)」
「私は今まで結構頑張ってきたつもりだよ」
「平日に少しでも楽しようと思って作った料理食べられても
 それに文句言われても直前のアポで来るご両親を家に受け入れてご飯出し続けたよね」
「それを頑張ったとは思ってくれないの?」
鳩「今まで出来たのに、どうして今回はできないんだよ!?」
要はやはり、どなたかのご指摘どおり、同居を視野に入れたウトメの発言であったこと。
鳩は「うちの両親はいい人であって悪意なんてかけらもない人間だ」
という絶対的前提で話をしていること。
(ご両親は私を実の娘のように思っているだの、
 注意するのも嫁子の為だのテンプレかまされましてorz)
もう、とにかく噛み合わないんです。
鳩に、鳩自身の意見を聞いても「皆に仲良くやってもらいたいだけだ」との事で・・・
そこで、鳩に以下の事を頭ごなしに宣言して、終わりにしました。
同居の事とかはするもしないも考えていなかったけど
今回の事で金輪際する気がなくなった。ウトメは私の家族ではない。
今まで仲良くやろうと努力してきたけど、もう無理だし、やる気もない。
夫がいないときは、うちに来るの禁止。
私だけの時に来ようとしたら、今回のように家を出る。
今日のトメ。
携帯は着信拒否されている嫁子の職場に電話をかける。
もちろん番号なんて知らず、104→大代表経由。
間の悪いことに嫁子は席におらず、嫁子がひそかに「セブンさん」とあだ名をつけている
隣の噂詮索大好きお局様がとってくれました・・・orz
ロッカーから嫁子が電話を折り返しかけると、開口一番に「ちょっと!嫁子!」と呼び捨て。
「土曜の夜は自分達が来るのに、何故出かけていたのか」
「夜に出かけるなんて、主婦の役割を果たしておらず怠慢で心得違いだ」
(外泊したことは知らない模様)
「嫁に来た以上は、息子タンと自分達の言うことに従え」etc。
途中で嫁子が「今仕事中ですので帰ったらまた電話します」と切ろうとするも、
「女のくせに!どうせ大した仕事してなんだろう。嫁子の本業はこっちだ!」とキレる。
「わかりました。改めて、頑張ってお食事を作りますので週末いらして下さい」
ときき、ようやく電話を切った。
怒りでこわばった顔をして席に戻った嫁子。
上司に「何かあったのか?帰っていいぞ」と言われてしまいました・・・チガウンダヨウorz
仕事とプライベートはきっちり分けたい嫁子にとって、今日の出来事は大変苦痛でした。
結婚して1年以内でリ婚・・・自分がアフォだと宣伝するようで気がひけますorz
鳩夫は偽実家の事意外ではあまり問題がないんですよ。
・・・でも、今回で「こいつ根本わかってない?」って気がついちゃいましたが。
実家の親はすごい心配性なので詳しくは話していません。
週末再度ウトメ招待した際、何かギャフンと言わせるよう考えてます。
今日の事で本当に頭に来ました。鬼嫁上等!です。
とりあえず事が落ち着くまで、子供は作らないようにします。
まぁどっちみち、鳩旦那〆がてら拒否り中なんですがw
鳩旦那はエネっていうかなんというか、あまり自分の意見がないんです。
ウトメに白!って言われると、その場は白。
私に黒!って言われるとその場は黒。
両方同時に言われると「う、うーん・・・じゃあ、白、かな?」なんですorz
なので、他にクチバシをはさむ人がいなければ、とりあえず問題がないんです。
それって根本的にどうかって気もしますが・・・。
色々考えたら凹んできましたが、とりあえず、ウトメギャフン作戦に力注ぎます!
あと実家なんですが・・・。
うちの実家が出ると、小さな事も無意味に大事になるんですよorz
私をかわいがってくれるのはわかるんですが、もうちょっと冷静に・・・みたいな。
でも、それとなく前ふりはしておこうと思います。
 
本日ウトメにいらしていただきました。
今までの失敗を踏まえ、本日はタイ料理をセレクト。
塩分控えめでも、甘・辛・酸を使って味がしっかりつけられるのでチョイスしました。
春雨のサラダ、トムヤムクンスープ、白身魚をライム風味で蒸したもの、タイ風炒飯。
おしんこ代わりに青いパパイヤの和え物。
味付けはキチンとして、サラダと白身魚には香菜たっぷり、炒飯は本格的にタイ米を使用。
材料費がちょっと痛かったですが、良くも悪くも本格的な味に仕上がったと思います。
料理を食べたウトメ。
香菜 →「げぇっ!ぺっ、なんだこの葉っぱは!?」
スープ→「ちょっと!嫁子!コレ腐ってるんじゃないの!?」(酸っぱいから?)
炒飯 →「なんだこのボソボソした飯は!?飯もろくに炊けないのか?」
食べ終わり、以下色々言われました。
味付けにセンスがない、料理の基本がわかってない親の顔が見たい
女として欠陥品だ、自分達に出すのに配慮が無い
こないだの発言といい悪意があるに違いない、こんなんでは家族になれないetc・・・。
私「お父様達に、塩分が少なくても味がしっかりしているものをと思って
  一生懸命考えたのに・・・シクシク。そこまでおっしゃらなくても・・・エグエグ」
 「でも、お父様達は私の為を思って言って下さってるんですよね?」
 「夫さんもおっしゃってましたけど、お父様達のなさる事は全て私の為だって・・・」
トメ「そうだ。嫁子を一人前にするために親切で言ってやってるんだ」
 「感謝しこそすれ、泣くなんてとんだ了見違いだ」
私「・・・泣いちゃって申し訳ありません」
 「駄目な私ですが、嫁いだ以上は頑張ってお父様達を見習います!」
 「あの、まずお父様方の味のお好みを知りたいので、
  お母様のお料理を食べさせていただきたいのですが」
私の発言を聞き、一瞬固まるトメ(料理が苦手らしい)
しかし、ウトが「そうだな。よし。俺達の味を教えてやる。しっかり覚えろよ」と快諾(?)。
早速明日、鳩旦那と一緒にうかがわせていただく事になりました。
ところで、本日の会話は全てICレコーダーに取らせていただきました。
私には理解できない、ウトメの親切心とやらをよくよく勉強させていただく為に。
だって「お父様達を見習」わなくてはならないですから。
今日勉強させていただいた内容は
「手作りのお食事をご馳走になっているときのテーブルマナー」ですね。
しっかり復讐・・・ゲフンゲフ復習して、早速明日実践しようと思っています。
その際の鳩の対応を見て、最悪緑の神も覚悟しています。
ちなみにタイ料理をセレクトしたのは、
塩分控えめで味はついてるけど、ウトメの口には合わないだろうことを見越してです。
(どなたかにもアドバイスいただきました。有難うございます)
これからウトメの発言を単語別に編集します(゚∀゚)ククク
今日のところは鳩にはマヤりますが、明日は彼にもマヤるつもりはありません。
もしウトメの方を持つようでしたら、緑の神覚悟です。
なかなか緑の神でもいいとは思い切れませんでしたし
実際そうなったら動揺すると思います。
でも、そこは将来の自分の為と言い聞かせて頑張ります。
へたれですみません・・・。
昨夜ウトメ宅でひと暴れし、先ほどまで鳩と談義してました。
(鳩は元から代休、私はあらかじめ有給をとっていました)
昨日ウトメ宅で夕飯をご馳走になった際
一昨日のウトメの発言を単語毎にICレコーダーで再生しました。
一口食べる→レコーダー再生「人間の食べ物じゃないetc」
→まねて発言「えーと。人間の食べ物じゃない」
3口くらいまでは鳩豆顔で見ていたウトメと鳩ですが「何してるんだ!?」と怒り始めました。
「何って・・・お父様達を見習ってるんですが。
 言われたとおりにしてるのに、どうして怒るんですか?」と言うと、
ウトが「馬鹿にするなぁあああ!」と怒鳴り
料理の入った小鉢を投げてきました。
私も「馬鹿にするなぁあああ!」と怒鳴って小鉢投げ返し
すかさず「どうです?うまく出来ました?」とニッコリ。
ウチジャナクテヨカッタ・・・(´∀`)
ウトはふじこりながら私を殴ろうとしましたが鳩がとめてくれました。
私は「昨日申し上げた通り、これからはなにごともお父様達を見習います。もっとやりますか?」と挑発。
唖然としていたトメがそこで我に返り
「息子タン!どうしてとめるの!?あなたはどっちの味方なのっ!」と金切り声。
鳩が「嫁!何やってんだよ!なんなんだ!一体!!!」と声を荒げたので
一昨日のウトメの暴言のハイライトを通しで再生し、
「あなたがいつもお父様達は私に良くしてるって言うから、私も同じ事しようと思っただけ」
「この発言も全部私の為なんでしょ?」
「鳩家ルールでお父様達に良くしようと、私なりの努力なんだけど、何?」
と、なるべく涼しい顔を心がけて言い返しました。
ウトメがリ婚汁!と騒ぎ「ほら。とりあえず、父さん達に謝れよ」と鳩。
ヤッパリデスカ(つД`)・゜・と心で泣きながらも
「仕方ないね。お父さん達が原因なのには不本意だけどリ婚しよう」と返事しました。
(最大の原因が鳩なのは承知ですが、ウトメ達に対する嫌味の為に言いました)
そこでなぜか、3人そろってポカーン( ゚Д゚ )
どうしてウトメもポカンなんだよpgrと思いつつ「万事解決ですね。では失礼します」と帰りました。
どうするのかハッキリと結論は出ていませんが、少し様子見という事になりそうです。
鳩からは「自分が変われなかったら、嫁が好きな時にリ婚していい」との約束を取り付け
今日緑の神に署名してもらいました。
よくよく話をきいて少し鳩に同情してしまった私は
けっこうなへたれエネmeだと思います・・・orz
ちなみにウトメ宅の主オカズは、どうみても買ってきた天ぷらでしたw
子供よりとにかく自分優先!な両親には
「とりあえず形だけでも従うしかない」となっていたようです。
鳩自身もウトメにけっこうヒドイ事をされており
私に必要以上に「ウトメはいい人!」と押し付けたのは、
自分自身がそう思い込みたかったからみたいです。
そうでないと、自分は両親にかわいがられていない子供だったんだとなり
それを認めるのが怖かったようで。
もしかしてAC入ってるのかも知れません。
そちら方面、ちょっと勉強してみようと思います。
今日のトメ。
家→居留守、携帯→着信拒否されている息子タンの会社に電凸。
生まれて初めての、息子タンの反抗期にパニックになっているらしいw
お陰で「お互い頭が冷えるまで」だったのが「タヒぬまで」絶縁になりそうです(´∀`)
息子タンは反抗中ですので、せめて嫁子はキチンとウトメさん達の言いつけ守りますね。
「土下座して謝るまで二度と鳩家の敷居をまたがせない」
との事なので、二度とうかがいません。
私が暴れた日曜の後、土下座しなければ云々と言って来たので夫婦そろって放置していたんです。
この週末も凸してきたらしいんですが、
夫婦そろって、うっかり1泊旅行に出かけていましてw
それが、ウトメの脳内で「息子タンが嫁子に誘拐された!」って変換されたらしいです。
意味不明なんですがw
で、今日会社に電凸したようです。
仕事中に意味不明な電話をされた事に怒って
旦那が「もう二度と会いたくない!」と。
あれから毎日遅くまで旦那と色々話しているのですが、だいぶ洗脳が解けたようです。