俺妹が来年結婚して家を出る予定だったが、嫁が『どうせすぐ結婚して家を出るんだから、早くアパートでも借りて出ていってもらう』嫁を咎めていると逆ギレして実家に帰ってしまった。

嫁がエネなんじゃないかと思い始めた。
俺と嫁は俺の実家で両親と同居。
これは嫁も了承してる。嫁は両親と仲がいい。
母とはよく一緒に飯食いに行ってるし
父とは趣味が同じで意気投合。
だが妹のことが気に入らないらしい。
俺や両親が間に立てるような問題ならいいが
たんに性格の不一致としか言いようがなくて、どうしようもない。
妹も嫁のことは苦手なようだ。
だが、妹はいろいろあって養子になった子なので
立場を気にしてか嫁に遠慮しどおしだ。
妹は来年には彼氏と結婚して家を出る予定になってる。
だから、それまで少しだけ我慢してほしかった。
俺も双方をフォローした。だがついに嫁がやらかした。
妹が彼氏と数日間旅行に行ったとき
たまたま両親も旅行に行っていた。
俺は仕事。その間に嫁は着々と妹の部屋を片づけていた。
妹が帰ってきて部屋の惨状に泣いたとき
初めて部屋がスッカラカンにされていると気づいた。
妹の部屋なんか覗かないとはいえ、気づけなかった俺も悪いんだが…。
嫁「どうせすぐ結婚して家を出るんだろう」
「貴重品や服はダンボールに詰めてあげたから
 早くアパートでも借りて出ていけ」というつもりらしい。
何日かもめつづけて、嫁は逆キレして実家に帰った。
あちらでもご両親に叱られたらしく、
(妹の携帯に)
「両親にあることないこと吹き込んだでしょ!最低!ブラコン!」
(俺の携帯に)
「八方美人のくせに私の両親にチクった!
 しかも私が悪者みたいな言い方で!最低!シスコンなんてキモすぎ!」
さすがにこれはないと思う。
同居は嫁と実家全員が賛成して決まったこと。
同居しはじめてしばらく経つまでは反りが合わないことに誰も気づかなかった。
本人たちすら相性が良さそうだと思っていたらしい。
嫁が最初に愚痴ったときに即別居しなかった俺が悪いのか?
まだ結婚して半年も経ってないんだが。
現状で別居賛成派は俺だけ。
当の嫁と妹すら、妹があと半年くらいのうちに彼氏実家に行くから
その期間のために別居するのは馬鹿馬鹿しいという意見。
問題が起こった後ですらこれだ。
いいかげん身バレもこわいから詳しくは書けないが
同居したほうが好都合な理由もいくつかあるし。とても頭が痛い。
>>問題が起こった後ですら嫁は同居賛成なんだ…
 以前から嫁は妹についての相談をあなたにしてた?
相談と呼べるかわからないが、あるにはあった。
以前というほどでもない、ここ2〜3ヶ月だが。
「妹ちゃんいつ結婚するの?引っ越し早められないかな」
「妹ちゃん彼氏のとこに行けばいいのに」
とかまあそんな感じの愚痴と、あとは具体的じゃない愚痴。
なんかムカつく、のような。
たまに聞こえよがしに言ったりしてたから毎度対応していた。
妹が遠からず家を出ることは、
最初から規定事項だったので改めて言われることは多くない。
険悪になる前は
「彼氏の家に行っちゃうの?寂しい」
「近くに住めばすぐ会えていいのに」だったがな。
妹にそのまんま伝えてはいない。
悪口を告げ口してもしかたない。
具体的に直してほしい点を相談されたなら伝えただろうが
人格や容姿の批判だけだからだ。
嫁がつらくあたっていることを詫びてはいた。
実家に帰っていた嫁だが、今日唐突にまた顔を出した。
俺が帰宅した時点では妹と喧口華中。2人でキレていた。
何を言っていたのか分からないが、
この前の件でキレたのか、さらに新たな問題が起こったのか…。
「個人的なことだ」というのが双方の主張なので口を挟んではいない。
嫁@実家とも色々電話で話した。
妹との決裂の原因は、妹の持っているアレルギーだそうだ。
ちょっと変わってるから具体的には書かないが、
ふだんの食事を用意するぶんには全く問題ないようなアレルギーだ。
ただ、嫁の好物の材料のひとつなんで、同じものを妹が食べることはできない。
そのことで自分を否定されたように感じるそうだ。
それから妹は猫アレルギーも持っている。
嫁はべつに猫を飼いたいわけではないがそれなりに好きらしい。
これでまた自分を否定(略)。
さらに「可愛い猫に触れないなんてキ○ガイだから嫌だ」と。
嫁の要求はこう。
・妹は今すぐ追い出したい。盆暮れ正月に日帰り帰省するのは許す。
・子供はすぐにでも作りたい。優しい祖父母と睦まじい両親と可愛い子供。最高の家庭!
・俺はどんな事情があっても嫁の味方であらねばならない。
 すべてを捨ててでも嫁の敵(気に入らない奴)を攻撃せねばならない。
・実家を洋風に立て直せ。すぐに。
 (実家は築100年超だが外観を変えないよう市から要請を受けている。
 中は洋風にリフォーム済み。嫁も知っている)
・私にリ婚されたくないわよね?リ婚されたら会社の評価落ちるわよ。
色々と話にならない。
俺も自分の子供はほしいが、この嫁と子育てするのは無理だ。
とりあえず妹の結婚がうまくいくまでは待ってリ婚に向けて動こうと思う。
昔からある家という意味では旧家だが、家柄は普通だ。
家がでかくて多少土地を持ってるだけの一般家庭。
景観保持のために、古めの和風建築の家すべてがそう頼まれている。
街道沿いならどこにでもある話だろう。目当てにされるほどの金なんかない。
それは短期間とはいえ家計に関わってた嫁なら知ってることだ。
>>ご両親は、この嫁のことを何て言ってるの?
嫁の要求は伝えていないし、伝えるまでもなく却下するつもりだ。
母は鬱の重い波が来ている。
父は「あれは、なあ」のような。
とても不快ではあるが気弱な性格と
それまで親しかったせいでうまく言えない様子。
しばらく嫁の話はタブーだろうが、間違いなく同居の意志はない。
>>この嫁が妹の結婚式に素直に出席すると思えない
妹は出席お断りする気満々だ。俺も賛成。
彼氏のアパート(一時期同棲していた)に
「一時避難させてもらったらどうか」
とすすめたが、ブチキレていて話にならない。
嫁と妹の喧口華の原因は、嫁が妹の彼氏を悪く言ったことだ。
彼氏はいい男なんで非難されるのはおかしいが、
婚約者である妹から口を出すなと言われた以上は、なんとも。
何か起こったら怖いので、妹が落ち着いたらまたすすめてみるが。
尚俺も嫁も20代後半。
>>嫁にとって、鬱病持ちのトメや気弱なウトは
 自分の満足なように操りやすかったんだろうね
結構両親から嫁を誘うことも多かったから、言いなりではないと思う。
何かあったら、母は鬱の具合が悪くなるのでわかる。
父は趣味のほうの先輩として張り切っていた。本当に仲が良かった。
妹とは冷戦状態に近かったようだ。
事なかれ主義については仰るとおりだ。サイ婚するなら治さないといけない。
そういえば嫁は、妹が持って行く予定の花嫁衣装や着物をずいぶん欲しがっていたな。
嫁は嫁で結婚式のために仕立てていたし
持って行く着物は母方の女系に伝わるものだからあげられないとは言ったんだが。
もしかしたらそれも、不仲の原因かもしれない。
 
あまり進展はないが、弁護士の連絡先を紹介してもらえた。
知人の女性がエネ夫とリ婚したときの弁護士だそうだ。
女性側につくか男性側につくかで弁護士の得意不得意は変わるのだろうか。
知人は「親身になってくれた」と言うが、
家庭でヒガイ者になるのは女性というイメージがあるから
無条件で「嫁」が擁護されたりしないか心配。
(もちろん知人は完全なヒガイ者だったんだが)
たぶん土日は休みだろうから来週連絡してみる。
>>妹に対する妙な甘やかしというか、遠慮しいな微妙な力関係がないかぁ?
実の妹ではないから、もしかしたら本当の兄妹関係よりは
少しだけ遠慮が多いのかもしれない。
それは実妹がいない俺には判断がつかないし
家によって兄妹関係は違うだろうから一概には言えない。
たとえばだが、話し合いのために妹を相手方のお宅まで送っていくついでに
スーパーにお使いに行く、といったことがあった。
俺の感覚としてはスーパーの特売品よりも結婚の話し合いのほうが重要だが
「ついでに」の前後が逆なのが普通なら
俺は妹>嫁だと思っていたことになる。
嫁から電話がかかってきてた。
「なんで迎えにこないの?ひどい」
「やっぱり妹のほうが大事なんだ。近親(略)なんだ。最低」だと。
泣いてるが知らん。ただただ迷惑。
だが、不利な材料にされても嫌だから回線抜いたり無視したりできない。
俺の携帯じゃなくて家の電話にかけてくるあたり
迷惑だと分かってやってるんじゃないかと考えた自分が嫌な奴な気がしてきた。
携帯なら録音機能があるが、家の電話にはないんだよな。
 
リ婚成立。嫁の私物搬出終了。
色々あったが思ったより早く解決して良かった。
ドラマチックな展開なんかなく、ほぼすべて弁護士さんに頼んだ。
だから直接対決は大したことなかった。
以下はこれまでに判明した事実。
元嫁が貯金に手をつけていたことがわかった。
ディズニ○ランドや友達とのランチに使ったらしい。
両親が「そのうち子供が生まれたら金がかかるようになるから」
と俺たちが結婚したときに贈ってくれた金だ。
ちょっと用があって家族全員で出かけていたときに元嫁が襲来した。
狂ったように玄関前でわめき、ご近所さんに通報されそうになったようだ。
(そのご近所さんは、俺が身元引受人にされたら
 困るだろうと考えて通報を控えてくれたそうだ)
元嫁はご近所さんが俺たちを匿っていると思い込んで
「私の叔父は○○議員だぞ」とワケの分からないことを言い
ドアを蹴るなどの迷惑行為をした。
ご近所さんが○○議員の事務所に身元確認した結果
無事元嫁の親族が狂犬回収しにきた。
※○○氏の続柄と職業はフェイク。
 事務所や職場の電話番号をすぐ調べられる程度には有名な人物ということで。
元嫁との共通の知り合いから、
元嫁がこのもめ事について同窓会で喋ったと聞いた。
事のあらましを言ったうえで
「世間知らずの馬鹿に思い知らせてやるために実家に帰ってる」
と主張していたようだ。
同級生たちは元嫁に対して正常にドン引きしていたとのこと。
ロミオメールが来た。いや、ジュリエットメールか?
元嫁は、妹の荷物をまとめた日に、俺の金魚を捨てていた。
タヒんでしまったから庭に埋めたと聞いていたが、元嫁はあれを川に流していた。
橋の上から流し込んだというから、きっとそのときタヒんだだろう。
「あんな魚なんか飼ってるとキモい奴って思われちゃう」
「それに魚は自然の中で生きるのが一番幸せ」
あいつは俺と金魚との17年間を最低の形で踏みにじった。
そんなかんじだよ。
ちなみに妹たちの式は少し先延ばしになった。
別に不幸があったわけではなく、俺のリ婚の影響でもないが。
貯金は返してもらった
慰謝料なし。結婚後にできた共有財産は折半。
 
俺のところは、嫁が義姉と仲が悪くて
(つうか嫁が勝手言って義姉を怒らせて)、
そのとりなし(義姉に謝罪するよう説得する役目)をウトメからせっつかれてうんざりしてる。
原因はどう考えても嫁が悪いんだが、ウトメもちょいと変わった人たちで
姉娘=実用・家の道具
妹娘=愛玩用と考えてるんだ
「子供が小さいので思う存分遊べない」と嫁が愚痴ったので
「大切な孫は可愛い妹娘(俺の嫁)の子。道具姉娘が面倒見て当然」と
義姉に息子を預けて三人で遊びに行こうとしたらしい。
ちなみに息子、現在二歳三ヶ月。
義姉は身体的な事情で子供が産めない。
実の親から「小梨小梨」と言われて一時はノイローゼになり
暫く実家に寄り付かなかったらしいんだが、
今年は義姉を可愛がってくれた伯母夫婦が
数年ぶりに来るというので行ったらしい。
義兄は仕事の都合で来られなかった。
で、来てみれば両親は「孫チャン、あばばばばば〜」で義姉には鼻も引っ掛けない。
嫁は嫁で「おねえちゃん、ほーら可愛いでしょ」と子供自慢。
義姉は辛かったと思う。
俺の実姉もなかなか子ども出来なくて、よく泣いてたので気持ち解る。
義姉は「冷静に面倒見られる自信がないから」と子守を断ったが
ウトメと嫁はそれを曲解して「小梨の僻み」だの「人でなし」だのと散々言い放題。
特に嫁は「お姉ちゃんなんかデブスでめ●らのくせに!」と暴言吐いた。
(義姉は片目がほとんど見えない。確かに太ってるがデブではない。顔も普通)
義姉、怒ってタクシー呼んで一人で自宅へ帰ってしまったとの事。
預ける当てがなくなった嫁、仕事中の俺に愚痴メール。
自分が言ったことを暴言とは思ってない様子。
ウトメも「せっかく帰省してるのに妹娘ちゃんがお友達と遊べなくてかわいそう」
「あなたからも道具姉へ、妹娘ちゃんに謝って子守するよう言って頂戴」と電話がきた。
この時初めて、ウトメがちょっと偏った考え方をする人だと判った。
実は俺、両親いないんだよね。結婚する前に亡くなってんの。
嫁の両親は男の子が欲しかったとかで、俺のこと凄く大事にしてくれるし
俺も今回の一件があるまでは常識的な人たちだと信じてた。
さっきも嫁からメールが来た。まだ読んでないけど。
義兄に丸投げするって事でいいのかな。俺には荷が重すぎるよ。
俺が仕事であっちへ行けないので、嫁が1人で里帰りしてる。
俺もそのほうが親子三代水入らずで過ごせていいだろうと思ったんだが
こんなことに・・・・。
帰ってきたら嫁にきっちり説教しようと思ってる。
義兄へは今夜にでも電話する。
ウトメ、ちょっとおかしいよ・・・孫可愛さの余り狂ったとしか思えない。
後日談を兼ねて愚痴吐きさせてくれ。
結論から言うと、相談スレは必要なかったw
翌日ウトメから「もうアレ(義姉)のことはいいから」とお達しがあり、あっさりお役御免。
嫁は何事もなかったかのように、
嫁の伯母さん夫婦(以下伯母さん)から貰った土産を持って帰ってきた。
そのお礼に電話したら嫁の伯父さん(以下伯父さん)が出た。
伯父さん、俺の大学のOBなんでわりと話しやすい。
で、話しているうちに「この際だから詳しく教えてやるからウチへ来い」ということになり
先日嫁に内緒で行っていろいろ話を聞いてきた。
そしたら、出るわ出るわ凄まじい話。
義姉さん、よくグレなかったな・・・・orz
ウトメが結婚した当時、長男夫婦は夫の親と同居=1〜2年で第一子出産が当たり前。
ウトメもそのつもりで義姉さんを作ったらしい。
共働きしないと生活できないウトメは大ウトメに子育て丸投げ。
大ウトメも当然のこととして孫育て引き受け。
数年後、生活にゆとりが出来たウトメは子供が欲しくなって嫁が生まれた。
つまり欲しくて作った子どもは嫁だけ。
しかも顔もアレ持ちなところもウトそっくり。だから可愛い。
義務で作った義姉はウトメに似てない。
大トメに懐いてウトメに懐かない。太ってる。だから可愛くない。
そういう理由で、ウトメは義姉と嫁を差別してたんだそうだ。
以下、伯母が目撃した例。
・ウト、一緒に悪戯をしても義姉だけナグる
・ウト、義姉に物を投げつける、拳でナグる、蹴る、ひっぱたくは日常茶飯事
・ウト、義姉が泣くと更にナグる→「泣けばいいと思いやがって」
・ウト、義姉の名前を呼ばない→「おい」「てめえ」「馬鹿」「ク/ソ野郎」第三者には「アレ」
・トメ、義姉にレースやフリルの付いた服を着せない→「デブには似合わない」
・トメ、義姉に明るい色の服を着せない→「もっとデブに見えてみっともない」
・トメ、ウトに折檻されて泣く義姉を庇わない→「アンタが素直に謝れば済む事」「母さんゴタゴタは好きじゃないのよ」
・トメ、嫁だけ実家に連れて行く→「大トメが贔屓しているアンタまで連れて行くと母さんが大トメに恨まれる」
俺、聞いてて気分悪くなったよ orz
伯母さんはしょっちゅう止めたらしいが、ウトメは聞いてくれなかったとの事。
大ウトメにウトメの仕打ち(逆待だよな!)を止めさせるよう言っても、膿家脳の大ウトから
「自分達は隠居した身。おまえも嫁に行った身なんだから口出しするな」と言われたそうだ。
そのくせ大トメは義姉にトメの悪口を吹き込んでいたらしい・・・・。
そんな両親に可愛い可愛いで育てられた嫁は「アレは馬鹿だ」という
ウトメの言葉をまるっと信じ自分も義姉を馬鹿にしていいんだと思って育った。
だが実際は小学校に上がったら自分の名前が漢字で書けない、九九をなかなか憶えない。
繰り上がり繰り下がりの計算が解けない。
自分の思い通りに行かないとすぐ怒る。
義姉は体育以外の成績が良かったので、周囲の評価は義姉の方が上。
狭い世界で自分のほうが上だとずっと思っていた嫁、プライドずたずた。
ウトメ脳内では「義姉に劣等感を抱く妹娘チャン可哀想→義姉、姉の癖に妹を思い遣らないひどい子」
でも現実は覆せないので、更に妹娘の嫁を贔屓するようになった。
そのお返しとばかりにいっそう義姉を可愛がる大トメ。
伯母は「この家族はどうなっちゃうんだろう」と心配しつつ、どうすることもできなかったそうだ。
でも大ウトメが相次いでタヒ去すると、
両親にタヒなれてがっくりきたのかウトの暴カはだんだんやんできた。
するとトメの贔屓も止み、嫁も高校生になって異常さに気が付いたのか落ち着いた。
とりあえず狂乱の時代は一段落付いた・・・・・というわけ。
義兄にも伯父さん伯母さんから聞いた話を伝えた。
あんまし付き合いがない人なので、電話したらちょっと驚かれたけど
話を真剣に聞いてくれて「教えてくれてありがとう」と言ってくれた。
義姉のフォローは義兄に任せる。
おれができるのは嫁の洗脳し直し。
俺はウトメや嫁が何と言おうと、息子に義姉の悪口を吹き込むつもりはない。
今は会えなくても将来は会ってもらえるんだから
「おまえにはこういうおばちゃんがいるんだよ」と教えるつもり。
義姉絡みウトメ絡みでなければいい嫁だから、洗脳が解ければまともになると思う。
つか、まともにさせないといかんよな。夫として父親として。
義姉はとても気の利く人なんだが
気が利くだけでは済まない不思議な勘を持ってるっぽい。
伯母さん一家が嫁実家へ行ったとき何かの本の話題が出て、
話の続きが誰もどうしても出てこない。
なんだっけなんだっけと言っているところへ外出していた義姉が帰宅。
従姉妹が玄関へ走って行って「ねえねえ」と言った途端、
義姉が「××が○○で・・・・」と本の続きを喋りだしたので皆すごく驚いたそうだ。
どうして分かったのかという問いに、義姉の答えは「ん〜なんとなく」
俺の時は初めて嫁実家へ挨拶に行った日。
嫁が入浴中に持参したCDを聞きたくなり義姉に聞こうとしたら
こちらが何も言わないうちに「CDラジカセなら二階の和室の床の間にありますよ」と言われた。
どうして分かったのかと聞くと、義姉は困ったように「何となく・・・・」
伯母さんが言うには、ある年の冬
義姉がこそっと伯母さんにだけ「おばあちゃん、ダメかもしれない」と呟いたので
「縁起でもないことを言うな、あんなに元気じゃないか」と窘めたが
それからまもなく大トメは風邪をこじらせて肺炎で逝去。
似たようなことが以前にもあって、それでウトメは余計義姉を嫌ったんじゃないかとの事。
頭ごなしに言い聞かせるより外堀から埋めていってる。
順調かどうかは専門家でないと分からんかもしれない。
だが俺なりに頑張ってる。信じてもらえないかもしれないが。
俺は早くに親を亡くしたから、自分で作った家族は何があっても守りたい。
息子の母親をねじれた人間のままにしたくないんだ。
俺だって他人事なら「さっさとリ婚しろ」とレスしてる。
みんなが嫁の事を悪く言うのは分かって投下したのは
自分の決意を固めるためでもあるんだ。
伯母さん伯父さんとは連絡を取り合うことで話が付いてる。
カウンセリング受けさせろとか専門家に頼れという意見があるが、
それは伯母さん(現役ソーシャルカウンセラー)と相談済み。
だからこそ伯母さん達との連絡は密にしていくつもり。
>>伯母さんが見ているだけで何もできなかったことについてはどうお考えで。
伯母さんが言うには、根っこはどうあれ今回の場合単なる姉妹間の口喧口華なので
専門家に見せようとしてもまともにとりあってくれるかどうか難しいとの事。
客観的に見られる人も今当たってる最中。
そのことは嫁にも伝えてある。
「おまえおかしいよ」とも言ってある。
本人にも自覚があるようなので、俺はそこに希望を持ちたい。
息子には一度も声を荒げたり手を挙げたりしたことはない嫁だから。
家庭板の存在とこのスレを紹介してくれた実姉に感謝。
姉ちゃん、多分明日起きたらここを読んで何か言ってくるだろうな。